1歳の男の子と過ごす子育てライフ

1歳の男の子と過ごす子育てライフ

私には1歳の男の子の子どもがいる。最近毎日できることが増えている。言葉もだんだん増えてきて、「かぁか」と呼んでくれると嬉しい。「いたいいたい(痛い)」や「あっと(ありがとう)」などの自分の感情を言葉で表現してくれるため、以前よりも子どもの要求が分かり、どうして欲しいのか、どうして泣いているかも分かるようになったので気持ちに余裕ができるようになった。絵本を見ることも好きなようなので、一緒に読むことで絵本の中に出てくるものの名前などを楽しみながら覚えられたらいいな、と思っている。天気のいい日には散歩に出かけ、自然に触れたり「風が冷たいね」「花が咲いているね」などと声をかけながら子どもの気持ちに共感していきたいと思う。ここ数日で、つま先立ちができるようになり得意げに見せてくれる様子が可愛い。子どもが何かに成功した場面に出会ったときには、「すごいね」などと声をかけ一緒に喜びたい。そうすることで、子どもの自信に繋がればいいと考えている。食事に関しては、まだまだ手づかみ食べの段階だがスプーンやフォークを使い始めることよりもまずは食事を楽しんだり、明るい雰囲気でみんなで食べることを大事にしたいので今は好きなように食べさせている。完食できたときには両親で一緒に喜びたくさん認めている。これらのように、1歳の男の子と過ごす毎日は子どもと一緒に感じる喜びや楽しさで溢れている。この毎日を当たり前だと思わず、子どもの笑顔を守れるようこれからも頑張っていきたい。